ハードの特徴、ソフトの需要。

ゲーム
frame-1
ゲーム屋にとって発注はとても大事な作業です。
何も考えずに発注しているショップさんなんてあるわけない。

その中で発売のタイトルはハードユーザーのニーズに合っているか?
これが基本。

今回のネタは「乙女ゲー」に焦点を合わせて行きたいと思います。
乙女ゲーがメインで展開されていたハードで言えばVITAだと思いますがそもそもなぜVITAで
数多く展開されていたのでしょう?

やはり前ハードのPSPで数多く展開されていたからだと思います。

それ以前は据え置き機のPS2であり「薄桜鬼」「ヒイロノカケラ」などの人気シリーズが展開していましたが
その流れはPSPへと移っていきます。

やはり人気シリーズの続編、スピンオフなどのタイトルが数多く展開、
乙女ゲームファンもPSPを購入する事になって行きます。
そしてPSPで大ヒット乙女ゲー「うたのプリンスさま!」が発売、

その後シリーズはVITAへと移っていきます。
そういった「社会現象クラスの人気シリーズ」が発売されたハードだと

乙女ゲーの需要も多かったと思うのですが、現在はその先のメインハードが決まっていない
印象を受けます。

っというかスマホに移っちゃった?
現在、オトメイト様、コーエーテクモ様は展開先をSWITCHに向けている印象ですが、

まず一本、ブームになる乙女ゲーが出ないとVITA展開の頃の様な数字は出せないのではないかと
思います。
まぁ・・・・ブームって突然やってくるのがほとんどなんですけどね(笑


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
ハードの特徴、ソフトの需要。