これからの中小メーカーとゲーム小売り

前回の記事にも沢山の沢山のコメント、
ありがとうございます。
この寄せられたコメントを見て

今、私が常に感じている事を何回かに分けて
書いていきたいと思います。
それは
ゲームメーカー様とゲーム小売りは密接に関係している
まぁ・・・・ゲーム売ってるんですから当然その通りなのですが、
私が感じている部分と言うのは

ゲームソフトの2万~5万の小ヒットタイトルが無くなると

中小ゲーム小売りも死ぬ

って事です
今はウチみたいにゲーム一本でやってる所は珍しくそう言う所だからこそ、
これが強く感じられるのだと思います。

実際、新品ゲームの粗利なんて知れた物です
1000本ゲーム売ってもちょっとした店舗の維持費が出せません。

だからこそカードや中古携帯など
「ゲーム以外で」利益を確保するお店ばかりになっている現状

中には珍しいゲームや通信販売で上手くやっていらっしゃるお店もありますが。

薄利多売を強いられる商材は間違いありません
ただ、今の国内の状況はこの「多売」が非常に難しくなっている。
「ミリオンタイトルでているじゃん」

って言われてもミリオンタイトルが毎月出ている訳ではありませんからね。
もっと判り易く言うと

ゲームは一人一本買う物(一部バージョン違いゲーム除く)
ミリオンタイトルは100万本が100万人に売れている

当たり前です
ミリオンタイトルがでて期待できる事と言えば
ソフトと一緒にハードが売れて「ゲームの畑」が広がる事。
そして広がった畑で次々に作られるゲームで収穫。

ただ、今のゲームの売れ方を見る限り縮小傾向にあり「多売」が出来なくなっています。

なぜか?

今まではこの「多売」を賄っていたのが携帯ゲーム機と言われるカテゴリが
すっぽり抜けているからです。


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
これからの中小メーカーとゲーム小売り