ジョジョ喋り場記事w

ゲーム
キンクリ

「キング・クリムゾンとザ・ワールド」なにが違うの?どっちが強いの?

ジョジョ会話のお約束である、
ザ・ワールドはビデオの一時停止(数秒~十数秒)
キンクリはビデオのスキップ(数秒)&飛ばした個所の編集作業
キンクリ・エピタフはスキップ先の閲覧機能

この説明がしっくりきた!

先に発動した者勝ちだけど、どちらも射程と停止時間短いから
キンクリでディオ様に数秒で致命傷負わせるの無理じゃない?頭潰す?
うーん、やっぱりディオ様かな!

これが「私」の答えであるw

某所でジョジョの会話させていただいてたのですが面白くって面白くってw
PVが多いこっちに書いたら喰いつく方いるかな?と思い書きましたw

私はジョジョは一部からリアルタイムで読んでいました、荒木先生の作品で言えば
それ以前のバオー来訪者も知ってました、ただ子供の時に読んだので怖い印象しかなかったですがw

ジョジョは一部でディオが石仮面被ってからメチャクチャハマり、その後の荒木先生の作品も
探して読むようになりましたw(B.Tってイニシャル、寺沢武一だったんですか!?w)
今思えばこの頃から頭脳バトルマンガ描いてたんですよね、

二部のジョセフはジョナサンと違いケーハクタイプになりましたが
面白さは衰えずやはり夢中に読んでました。っていうかラスボスの究極生物っぷりが
絶望しかありませんがw
2部が終わり3部が続くと判っていたので三部の始まりは
「我々はこの隕石を知っている!いや!この
 究極生命体と勝てばよかろうなのだぁ!を知っている!」※だろ!って
言ってたなぁww 
※二部の出だし
我々はこの老人を知っている!いや!このまなざしとこの顔のキズを知っている!」

3部は波紋バトルからスタンドバトルへ、この能力バトルはその後もシャーマンキングや
ペルソナなどマンガ、ゲームなどの各方面に多大な影響を残すくらい大ブームになった
当然私も激ハマリです、

そしてジョジョシリーズで一番好きなのは第四部!話のスケールは3部に比べると
小さくなった感がありますが日常感が増し〇〇様の刺客!とのバトルばかりだけでなく、
トニオさんや露伴先生、小林玉美や山岸由花子みたいなエピソードもあり

その後も登場キャラに複雑に絡み合って生活感があって好きです。
ジョジョって主人公と「味方キャラ」の冒険が基本なんですが、
4部の味方キャラって康一君と億㤗(と太郎)だけでそれ以外は巻き込まれ系で
一時的に仲間になるキャラが多い、最終回でちゃっかり集合してますがww


・・・・・・

ぎゃっ!もう1000文字超えてる!!
ライターの仕事分書いてるよ・・・・


終らなくなりそうなのでここらで一旦止めておきます・・・・

ジョジョ好きな皆様、大いに語って下され!w


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
ジョジョ喋り場記事w